2012年8月 5日 (日)

石炭掘り? (近況報告)

ずいぶん長くあいてしまった。

LotRO naも、ご無沙汰で、いろいろ間違いもあり、久しぶりに立ち上げたら、ファイルが無いって。再インストールしたら、3時間近く掛かってしまった。

久しぶりの土日休みに、ゲームでもしようかと思ったのに、、、

というわけで、(どんなわけだ!)楽しいけど過酷で見入りの少ない仕事でろくにゲームも出来ません。

トーリン陛下は「石炭掘りにまで身を落とし、、、」などとおっしゃられたこともありますが、石炭掘りだって大事な仕事。第一、石炭がなければ、精錬も鋳造も鍛造も出来ません。

いささか、胴回りが細くなって、情けない姿ではありますが、錆山は元気です。(ゲームはできて無いけど)

以上、近況報告(の様なもの)でした。

2012年5月 8日 (火)

くだらないことです(笑)

書こう書こうと思っていて、いつも忘れていたこと。

M&Aだかなんだか、有ったんだろうが、WB(ワーナーブラザーズ)のロゴが最初に出るようになった。

そのロゴから挿してくる「光」と、音楽が、とっても「ダーク」だ(笑)

「ニャンコの目」の代わりに「暗黒の塔」の上に乗せたいほどと思うのは私だけだろうか?

寂山

2012年5月 1日 (火)

フェスティバル(?)が終わって???

大して、稼げなかった。

夕べ、いくつかのアイテムを入手したが、みんな「おうち」に飾る「絵」ばかり。ところが、どうやって設置するのか忘れてしまった。

明日は、4時前に起きて仕事(リアル世界)。あした、ゆっくり思い出そう(泣)

おやすみなさい

寂山

2012年4月22日 (日)

裂け谷へ行ってきました(お土産の名前ではありません・(笑))

 なんと、半年振りのブログ更新です。

 この間、現世では、学校への入校と修了(半年コースでした)、就活と就職、新しい職場での就労とLotRO naにアクセスするひまもろくにありませんでした。

 4月にはいって、少しづつ仕事にもなれ、たまにアクセスするようになりましたが、なんせ、英語がまるっきりダメな寂山は、半年振りのログインに、設定も操作も半分忘れてるような状態、、、少しづつ、思い出していきました。

 で、昨日から今日にかけて、なにやらフェスティバルがあるとかで、エレドルインからブリーまで駆け巡って、その挙句ガン爺に、「6ヶ所で、6色の花火をあげて来い」と、命じられ、レベル30のクエストだけど、(まだ20台のキャラしか居ない)ま、花火あげるだけだし、と引き受けたら、なんとその一つは、「最後の憩い館で花火」でした。

 行ってきました。今までに行った最東の「オストグリス」(だっけ?)から、愛馬に打ちまたがり、ミニレーダーとマップを交互に見ながら、ひたすら「道」(らしい所)と突っ走る!

 Jp版最後のころのイベントで、妖術使いのエルフども やさしいエルフのみなさんにガードして貰って一度だけ行ったことがあるだけ。

 途中で、トロルが道を歩いてる! 道に出てくるな~~ 夢中で裂け谷を目指すあまり、夜なのを忘れてた(笑)

 横をすり抜けて、ひた走る。JP映画のフロド君のようです。ま、黒の乗手よりは鈍重なトロルの方がましだけど

 ブルイネンの浅瀬を渡ると、道が無くなる。道じゃ無いから、レベルがはるかに上の熊さんや山猫さん、なんか大きな「ガガンボ」さんが、前をさえぎる。ひたすら走る!

 でも、そこはドワーフの性(さが)。 プラチナの露鉱見つけて、あたりに何も居ないのをよいことに、しっかり採掘! そしたら「ガガンボ」さんに後から襲われて、見るとレベルはともかくヒットポイント(?)ははるかに下なので立ち向かうと、、自慢の斧も盾もぜんぜん当たらない(泣) 愛馬を呼んでるひまは無いので、ひたすら走って逃げました。

 ま、そんなこんなで、ナントカたどり着きました。裂け谷に。

 観光して、帰りは銀貨15枚払って、駅伝馬で帰ってきました。

 「オート麦農場」や「トラストブリッジ」(だっけ?)などは、タービンポイント払わないとクエストが出来ないのだけど、裂け谷は、そうじゃないみたいでした。もっとも、こっちのレベルが低すぎて、相手にしてもらえなかったけど。

 では、

 おやすみなさい 

2011年10月18日 (火)

無事 就労はまだだけど(泣)、終了しました

久しぶりの記事ですが、LotRO naとは関係ありません。ごめんなさい。

以前書いた、「白の乗手三〇周年・エルフ語講座2011」 無事終了しました。

第一部では、まず「白の乗手結成のころ」と題した鼎談。会の創設メンバー二人と、ファンタジー作家のひかわ玲子さんの3人が、30年前の話しをしました。参加者の中には、そのころ生まれていない方も多く、みなさん、どう思ったのかな? ちなみに私は「司会」でしたが、ほとんど何もしませんでした(笑)

続いて、お待ちかねの伊藤先生

伊藤盡先生は、ホビットの冒険のおさらいを中心に講義。

四つの小題の一つは「ドワーフについて何を知っているか」 エルフびいきが多い中で、いつも肩身の狭い寂山は感激しました。

おまけに最後の「軽くエルフ語講座らしきこと」も、トールキンの描いた、『スマウグの「寝床」に忍び入った、ビルボの絵』に描かれた、ドワーフの黄金入りの巨大なツボにかかれた、テングワールの解読。

いや、堪能しました。

第二部は、お約束の宴会。 料理は「ご馳走」とまでは行きませんでしたが、こころおきなく指輪について語り合える人ばかりの中で、特に不満はありませんでした。

楽師たちの生演奏に釣られ、寂山も戦斧を振りかざしての「ドワーフ踊り」を披露しました。(見苦しかったかな?)

残念だったのは、LotRO naプレイヤーもたくさんいたのに、みなさんとゆっくり話す時間がなかったことです。

そうそう、「トールキン‐ある伝記」を描いたカーペンターの「インクリングス」の邦訳も年末か来年はじめに出るようです。訳者の方が来ていました。

来年は、「ホビットの冒険」の映画もできます。

指輪の仲間が、もっと増える年になればいいなぁ

2011年9月27日 (火)

モンスタープレイ

 この二日、いろいろ事情があって、再インストールやらなにやら、よく分からないことをやっていた。

 ご存知のように(笑)半導体やそれを集積した「チップ」などというもの(注)はドワーフの技以外の何ものでも無いのだが、どうも、それを集めて、いろいろ組み上げて、PCにして、いろいろ乗っけて、さらに使うとなると、古いドワーフには迷ってしまうことばかりなのである。

 で、その「まよまよ」は、別に書くとして、ようやく再ログインすると、なんと! JP版以来久しぶりに「モンスタープレイ」が、クリック可能になっていた。

 なにやら、ログインに際して、「規約」(のようなもの)に、同意を求められて、かまわずクリックしたのだが、バージョンアップがあったようだ。「1セントも使わない」寂山にも、モンスタープレイができるようになったらしい。

 言うまでも無いことだが、まっとうなドワーフは、けっして、オークの眷属になって、ゲームをしようなどとは、思わない。

 「無駄な選択肢が増えたな」と、あざ笑いながら、せっせと、ホビット庄を駆け回っている。

注)「真空管」と言う、由緒正しい、「ドワーフの技」があった。珪砂を加熱し、精妙な技によって作り上げた「管」の中に、これまた「ドワーフの技」としか言いようの無い精緻な金属線や金属格子を封入し、減圧した、様々な「魔法」の基礎となる「デバイス」だった。これに取って代わったのが、「半導体」であるが、要するに「珪素」を精製し、様々な加工を加えたものである。つまり、「土を掘ってきて釜で煮る」だけの話しである。大トーリンオーケンシールド陛下が、放浪の身にあったとき、「石炭掘りに身を落とし」と伝えられるが、実は、「半導体素材の量産」にいそしんで、再起のための元手を積み上げたのである。その労苦と、ドワーフたちの技術は「トーリンの館」として結実した。

2011年9月25日 (日)

「白の乗手」三〇周年

 LotRO naには関係ない記事です。

 他のゲームにも関係ありません。悪しからず。

 さて、寂山もメンバーの「トールキン研究会『白の乗手』」と言うサークルがあります。トールキンファンのあいだでは、多少知られたサークルかと思います。その「白の乗手」は、今年結成30年を迎えました。で、それを口実に以下のようなイベントを行ないます。ま、「ホビットなら記念すべきは33年だろ」などというもっともな突っ込みは置いといて(第一、ホビットの場合、30年も31年も32年も「記念宴会」をやって、33年にもっと盛大な宴会をやるんです)ぜひ、みなさん、ご参加ください。(寂山は、ホビットではありませんが、会員にはホビットや、ホビット並みの「宴会好き」が多いようです)

【日時】 2011年10月15日(土)
      第一部(伊藤盡先生によるエルフ語講座)  13:00開場、13:30開演、17:00終了
      第二部(パーティー)18:00から2時間程度
       有志による演奏あり。楽器持ち込み可。演奏飛び入り歓迎。
【場所】 第一部:日本大学(お茶の水校舎)9号館921教室
     第二部:御茶ノ水ケーズ
【費用】 第一部:1500円
     第二部:4000円
【定員】 第一部:150名
     第二部:50名
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~norite/

上記URLからお申し込みください。

また、会場(第一部)の地図はhttp://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/index.html

をご覧下さい。

第二部会場は、上記「九号館」から数分(徒歩、人間)です。馬による移動は、ご遠慮ください。

寂山ももちろん参加します。もし見かけたら、ぜひお声をかけてくださいね。

では、10月にお会いできることを楽しみにしています。

なお、この記事は、コピペでも何でもしてどんどん広めてください。参加人数が予定より少なく、若干あせっています。よろしくお願いします。

寂山 拝

2011年9月10日 (土)

おでこに こぶ?

 結局、人間のロアマスター、テストに作ったつもりが、レベル10まで行ってしまった。あまり考えた名前じゃないから、かっこわるいなぁ

 で、初体験!

 スミアルって、天井低いんですね(笑)

 今まで、ドワーフと、ホビットしか作ったこと無かったから、気がつかなかった。

2011年9月 2日 (金)

SF大会(静岡)

 明日(9月3日)~4日にかけて行なわれる、日本SF大会に行ってきます!

 寂山は、単なる参加者で、企画をやるわけじゃないけど、もしも、他に参加される方、いましたら、見かけたら、声をかけてくださると、うれしいです。

 台風の進み具合が心配ですが、昼前にはつく予定です!

2011年8月31日 (水)

また、タービンポイント

 新キャラのことは(しばらく)置いといて、「あこぎな」タービンポイント。財布の上限が、高いのは分かった。(毎回のように、「これで上限とっぱらいですよ~~」と出る。もはや、何ポイントなのか確かめる気も無い)馬は、比較的に安いから(確か二桁)そのうち買おう。

 びっくりしたのは、「北連丘」。あの、ブリー郷の北にある、なんとか橋の向こうです。「タクス」以外のイベントが、すべて有料(リアルマネーじゃなくてタービンポイントだけど)

 ホビット庄の北のなんて言ったけ、イブンディム湖とかある方、あそこも同じ。

 「クエストパック」595TP(タービンポイント)!

 こら! キャラスロットと、同じじゃねえか!

 まあね、TP溜めれば、できるんだから、「フリー」は嘘じゃないけど、、、

 この辺の「地方」はJPで、いろいろ、想い出あるんだけどね。

 しょうがない。「フリー」でできるところで、せっせと励みましょう!

 今の所(レベル20台×3人+新人)風見が丘とその周辺は「フリー」だから、しこしこと、裂け谷目指します。

 

«新人